【ニコ生告知】こんな時代に会社を辞めてAV監督を目指す夢は成功するか2

撮りたくても、撮れない新監督の葛藤

毎週水曜日PM10:00~ 生放送中(ニコニコ生放送)

いきなり撮影不可能という窮地。 どうする新監督!

処女作の主演女優さんを次回の生放送で発表!のはずでしたが無理になりました。 通常、このようなネガティブな情報は公開しないのが得策かもしれません。しかし、前回もお伝えした通り、私はプロデューサーとしてこの企画の内容以前に、会社勤めを辞めてまで自己資金でAV監督を目指すというピーポー君(仮称)の人間性とその生き様こそ、ガチ(やらせ無し)としてみなさんにぜひ訴えていきたい内容なので、可能な限りその情報を公開していこうと思います。

「企画内容が女優さんに断られてしまいました・・・」

なぜ?かは生放送で聞くとして、これはとくに珍しい話ではありません。女優さんやプロダクションにはキャラクターや営業方針というものがありますからね。ましてや、名も無き監督の、聞いたこと無い企画など、躊躇う方が普通かと思います。ギャラを払えば誰でも撮影できるなら、私だってとっくに剛○彩芽さんを「おしゃぶり予備校」にキャスティングしてますから(笑) ということで他の女優さんを当っている最中です。

何やってんだ計画が甘いぞバカヤロー!

こんな事があっても彼を叱る人はいませんし、嫌味をいう上司も今はいません。今後も自分の好きなようにできます。 出勤する必要もありませんし、残業だってありません。何をするのも自由。何時間寝ようが、何時間オナニーしようが、何日休もうが自由。

自由ってイイね!

しかし、家賃は彼を待ってくれません。電気代も水道代もガス代も待ってくれません。 何を食べるものも自由です。だが食べれば食べるほど確実に預金の残高は減っていくでしょう。すでに給料はもらえないわけですから、作品を出し収益が入るまで(それすら保障されていませんが)はお金が出て行くばっかで入ってくることは無い。

本当の自由とはこういうことなのです!

というわけで、このままでは制作情報というより「消息情報」になってしまいそうですが。予定変更。撮影が遠のいてしまった彼は何を考え何をしているのでしょうか?

ひきつづきニコ生にてナマの情報をお伝えいたします。

Knights Visual プロデューサー じみへん