R30「ヒクヒクしている動画」撮影レポ

aoyagi04

「女の子が本気で感じてイキまくる映像」これは簡単なようでとても難しいと今更改めて思います。実は今年に入って3人撮影しているのですが、どうにも思ったようなものが完成せずに苦しんでます。例えば陶芸家のように「こんなんじゃダメだ!」とぶち壊してみたい気分です。あるいはこんなにお金を使うのなら世界一周旅行にでも行った方がよかったんじゃないかとか後ろ向きになったり・・・。

というか、三回撮影して何も発売しないなんて、普通の制作会社だったらとっくに首になっていますよね。そう考えると今の境遇はとてつもなくありがたいと思えたりもします。

いや全然、ダメというわけではないんです。とても良かった部分もあります。でもそれは時間にすると圧倒的に短いので作品にすることができない。というのが正直なところです。どの道この手の商品って二時間あったとしても抜きどころなんてわずか数分でしょ、いや数秒かもしれない。ほとんどは早送りするようなシーンで尺稼ぎのイメージとかいれてたりするしね。だから堂々と売ってしまおう!とも考えましたが、

そこはナイツビジュアル。ひつき監督の予備校やノンストップのようなどこを切っても抜きどころ、まるで「金太郎あめ」のような濃い内容のレーベルと肩を並べて出品するには、やはりもっともっと完成度を上げなければならないという考えに至るわけです。

そんな中、今月撮影した「青柳ひなた」という新人さんはかなり良かったので報告しておきます。いいものが撮れると俄然やる気がでますよね。